パラキャンの部屋

みんなが主役になれるのがパラキャンです。

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. フィリップ・クレイヴァン様(元国際パラリンピック協会 会長)

支援者

フィリップ・クレイヴァン様(元国際パラリンピック協会 会長)

インタビュー第1章(全第3章)「私は戦うことに躊躇することはなかった」
フィリップ氏は1950年、英国北部の都市、ボルトンに生まれ、スポーツに夢中な子ども時代を過ごした。ハイレベルなアスリートではなかったものの、経験したスポーツはクリケット、テニス、フットボール、そして水泳と多岐にわたる。足さばきは苦手だったが、投球と捕球が得意で、特にクリケットを好んでプレーしていたという。そんなフィリップ少年は、16歳の時にクライミング中の事故で脊髄を損傷してしまう。下半身に麻痺が残り、車いす生活を余儀なくされた。1966年のことだった。
その1:出会い
事故の3日後にリハビリセンターで車いすバスケと出会った。その後、地元のチームでバスケを開始すると、フランスに拠点を移してプレーを続けた。当時はまだ自国(英国)の外に出てパラスポーツをする選手は殆どいなかったから、自分自身を観察するという意味でとても良い機会だった。この経験を通じて、パラスポーツや車いすバスケという競技の構造に目が向くようになったんだ。私の住む英国には「ストーク・マンデヴィル」というパラスポーツ発祥の地とも言うべき場所がある。所属する医師や組織の人間の発信や考えの多くには共感したけれども、納得のできない古い考えもあったね。
その2:イギリス代表選手時代の「活動」と「活躍」
1976年のことだ。その年はカナダのトロントでパラリンピックが控えていたのに、惨敗に終わった前回大会(1972年)からチームの状態は一向に改善していなかった。私は国内のトップチームに加わったばかりだったが、代表のコーチは力量不足でアドバイスを聞く気にはなれなかった。選手たちにも車いすバスケに対する考えが浅く、私へのアドバイスも的を射たものではなかったんだ。その年の国際ストーク・マンデヴィル大会(当時の国際的な障がい者スポーツ大会)で、私はバスケと水泳のコーチとマネージャーを集めて伝えた。「あなたたちは仕事をしているとはいえない。英国代表には良い選手がいる。しかしこのままでは結果は出ない」と。私の言葉も虚しく、結果的にトロント・パラリンピックで英国代表は好結果を収めることはできなかった。古い姿勢から抜け出すことができなかったんだ。
とても悔しい思いをしたことを覚えているよ。
フィリップは、現役時代から競技運営の立場にも精力的だった。トロント大会(1976年)の翌年から、1994年まで、英国車いすバスケットボール連盟の会長を断続的に務めた。最初のハイライトは、1984年から、現役を退く1988年まで取り組んだ「国際クラス分け」(障がい程度に応じた選手のカテゴライズ)の見直しだろう。それまでの規定は、医療関係者によって決められた、障がい者のリハビリテーションに主眼を置いたもの。車いすバスケをスポーツとして楽しむ上で、フェアなルールとは言い難い状況だった。1984年、国際ストークマンデヴィル大会連盟(ISMGF=当時存在した国際的な障がい者スポーツ団体)のクラス分け担当部長に就任すると、改革に着手していく。共に働いたのはドイツのホルスト・ストローケンデル博士(故人)ら。ストローケンデル氏は「車いすスポーツのための機能的なクラス分け」と題した論文を執筆し、現在の車いすバスケの持ち点制度(※)の基礎を作った人物である。

※障がいの程度に応じて1.0〜4.5まで選手それぞれが点数を保持し、試合中にコート上でプレーする選手の持ち点が計14点を超えてはならないという規則。障がいの程度に拘わらず、等しく出場する機会を与えることを目的としている。持ち点の低い選手を「ローポインター」、高い選手を「ハイポインター」、中間の選手を「ミドルポインター」と呼び、それぞれが適材適所でプレーをしたり、相手のポジションの逆をついてミスマッチを誘ったりするなど、戦略立案や試合観戦の上で重要なポイントにもなる。

インタビュー内容は順次更新していきます!
2019年11月、パラキャン事務局長・中山薫子のインタビューより:(文・ライター吉田直人)