パラキャンのカリキュラム

TOP > 訪問授業 > パラキャンのカリキュラム

訪問授業のカリキュラム(モデルケース)


事前学習
インターネットや図書館で障がい者スポーツの種類やルールの違いなどについて調べます。コンテンツ「障がい者スポーツを楽しく学ぼう!」もご活用ください。
STEP.1
約20分
障がい者スポーツについて
聴く
アスリートの自己紹介の後、競技用の車いすや車いすバスケットボールのルール―について、講師からレクチャーを行います。
STEP.2
約20分
障がい者スポーツを
観る
アスリートによる模範演技を実施し、ルールについての補足説明を行います。(教員の皆さまにもご協力いただきます。)
STEP.3
約15分
障がい者スポーツを
体験する
生徒たちに実際の競技用車いすを体験していただき、簡単な準備運動を行った後にミニゲームを行います。
STEP.4
約15分
人間の力や福祉について
考える
小グループに分かれて、アスリートの暮らしや障がい者スポーツを始めたきっかけなど経験談を通じて、人間の持つ力や福祉について一緒に考えます。
事後学習
授業の後、障がいのある人たちに対してどう意識が変化したか話し合います。また、自分たちの住む街のバリアフリー対策について調べたり、今後の課題などを考えてみましょう。

「パラキャンニュース」にもパラキャン訪問例掲載中
3月11日に、×××小学校で授業をおこないました。


3月11日に、×××小学校で授業をおこないました。



  パラキャン訪問授業のお問い合わせ


Copyright(c)2015 NPO法人パラキャン All Rights Reserved.